奉告祭

奉告祭

奉告祭とは、これまでのことを感謝し、
その気持ちを神様に奉告するお祭りです。
神話において伊邪那岐命と伊邪那美命が
神々の前で夫婦の契りを交わしたのを起源とします。
結婚式も奉告祭も、神前で契りをむすび、
結婚した事を奉告する神道の本質ともいえるものでしょう。
これが習慣化されたのが、今でいう人生儀礼となります。
この世に生を受け、まずは初宮(お宮詣り)をし、
一生をお護りいただく神様にご挨拶を申し上げます。
そして七五三、成人奉告祭で成長を祝い、
結婚奉告祭で夫婦になったことを奉告し、
神葬祭と至るまで一生を神様と共に歩むのです。

結婚奉告祭

神様に結婚を奉告する古くからある神事となります
結婚奉告祭とは夫婦となることを神様に奉告し、夫婦円満・家内安全を祈願します。新郎新婦またはそのご家族のみで行われる神事。

<儀式次第>
修祓・斎主一拝・祝詞奏上・玉串奉奠・斎主一拝。
・初穂料 3万円(新郎新婦またはそのご家族のみ)
・私服(スーツ&フォーマルな服装)でも可能です。
・雅楽生演奏、巫女舞・三献の儀はありません。
・和装をご希望の場合はご相談ください

挙式の代わりにおこなう方、銀婚式や金婚式などの節目におこなう方など、期日に決まりはございません。