参道

滑河駅前大鳥居

JR成田線滑河駅を下車。
駅前通りを進むと目の前に赤い大きな鳥居が見えてきます。

大鳥居

神社の入り口にあります。
昭和9年8月17日に香取神宮の御要材を使用して建設されました。

手水舎

大鳥居をくぐり、参道を進むと、正面に見えてきます。
明治17年の建設で、水盤の石は、本小松産で、前面には山岡鉄舟の揮毫「清素」と刻まれています。

祓戸

祭典を始める前に、祭員の御祓いをする所です。
大祓式はここで執り行なわれます。

拝殿

明治17年6月に竣工しました建物で、
御祈祷や、春の御例祭の時に、舞楽や神楽などが奉納される時に使われます。

御本殿

明治15年4月に竣工しました。
御祭神、藤原(花山院)師賢公をお祀りして御座います御本殿です。

祈祷殿

御祈祷を行います祈祷殿です。
平成23年に改築され120人まで収容可能です。同じ建物の中に社務所、授与品授与所、待合などに使われております。