七五三

七五三

七五三とは子どもの成長を祝う
年中行事のひとつです。
三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が
十一月十五日にお宮詣りをします。
もとは地域によってばらばらに
子どもの成長を祝っていましたが
明治から大正にかけて
武家の風習が全国に広まりました。
「子は宝」と言われるように
昔は飢饉や流行病などで乳幼児の生存率は
今ほど高いものではありませんでした
三歳・五歳・七歳を節目として
子供が無事に育った事を祝い、
今後も健やかな成長を祈願する目的で
氏神様にお参りする行事が定着。
それが今でも「七五三」として残っているのです

七五三ご祈祷

お子様の成長を神様に奉告し、感謝と今後の健康を祈願いたします。
古くより子供は神様からの授かりものと、日本では考えられてきました。小御門神社では一組様ずつ御祈祷を行い、「身代りの神様」に健やかな成長と、「学芸の神様」に悟り深く諸芸に秀でますようお祈り致します。

・初穂料 五千円から
・授与品 お札 御守 絵馬 落雁 絵本 風船 福袋 千歳飴
・境内での写真撮影はご自由にお撮りいただけます。