banner

小御門神社の野草

スライドショーには JavaScript が必要です。

クマガイソウ

森林伐採などの影響から環境省のレッドデータブック絶滅危惧種Ⅱ類に指定される、天然記念物です。名前の由来は鎌倉武士熊谷直実が背負った「母衣」に似ていることから「クマガイソウ」の名がついたと言われます。特徴的な花弁は「提灯」のような、明るい鮮やかな景観となります。

イチリンソウ

4~5月に咲く、白い清楚な花です。林の中など日陰を好んで咲き、上向きに一輪だけ花をつけます。
ひとつの茎に花をひとつだけ咲かせるのでイチリンソウと呼ばれます。同様にひとつの茎に花を2つ咲かせるのでニリンソウ、3つ咲かせるのはサンリンソウと呼ばれます。小御門神社ではニリンソウも見ることができます。